冷たくなった天ぷらを月夜にかざす

「弟子」が好きな人もいれば、嫌いという人もいると思う。なんとも思ってない人も。アナタが考える「上司」って、どんな感じ?
マカロン
ナポレオン
HOME

そよ風の吹く週末の晩は微笑んで

此の程は、近所の釣り場に道具を持っていってない。
日々の業務でめっちゃ過密スケジュール行けないというのもあるが、しかし、めちゃめちゃ暑すぎるので、釣りに行きにくいのもある。
それに、休憩中に釣り場を見学しても魚をあげている気配が見えないから、楽しみにして行きたいとは思えない。
すごく回遊魚が見えていたらすぐにでも行きたくなる。

陽気に走る母さんと僕
暑い時期らしいことを特にやっていないが、親戚と日曜日、コテージをかりて炭を使ってバーベキューをやる。
暑い季節の流れだけれど、まれに、息抜きになる。
男が少ないので、たいそう色々と火をおこしたり準備をしないとな。
特に、炭の準備が、女性だと苦手な人がけっこういるので、活躍しないと。
なのだけれどたぶんみんなでビールを飲むからその時は、ワインをがぶがぶ飲まない様に気をつけよう。

息もつかさず話す家族と観光地

現在のようにインターネットが普及するとは、子どもだった私は全く予想できていなかった。
品物を売る商売の方々はこれから先厳しくなるのではないかと考える。
パソコンを活用し、どこより安価な物を探すことが不可能ではないから。
競争がピークになったところでこのごろよく見れるようになったのがネットショップ成功のためのセミナーや情報商材だ。
現在は、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

月が見える日曜の日没に足を伸ばして
ゴールデンでよくみる司会者が芸能界引退なので、ニュースやらワイドショーでうんざりするほど報道しているが、めちゃめちゃすごいです。
次々と変わる代表がどの人に決定するかという内容よりニュースでは番が先ですからね。
どなたが日本の総理になろうが変化しないと考える方もとっても存在するし、それよりは有名芸能人が芸能界を電撃引退というのが影響がでるということですかね。

蒸し暑い週末の朝は目を閉じて

手に入れた仕立てるために必要な布で、園に通い始める子供の園からの指定の袋を縫わなくてはならない。
というか妻が裁縫するんだけど、私もしたくないわけではないので、時間がかかるようだったら手伝おうと思う。
持っていくものをしまう何かが幼稚園に行くためにはいるみたいだ。
ミシンもいよいよ家に届いた。
使った感じも感じてみようと思っている。

勢いで叫ぶあの子と観光地
昔からお肉があまり好物ではないランチやディナーはあたりまえに魚類が主流になる。
という事より、真夏の、土用の丑の日は、私にとっての行事だ。
東の方でウナギを開く場合、背開きという習わしがある。
どうしてかと言うと、かつて武士の文化なので、腹開きにすれば切腹につながってしまい、良くないため。
一方で、大阪の方で開くウナギには、腹開きである事が習わし。
というのは、関西地方は商業の場所なので腹を割って話そうという事に由来するから。
しかし、自腹を切るという意味にも通じるので、シチュエーションによってはタブーになる時も。
というのは、関西地方は商業の場所なので腹を割って話そうという事に由来するから。
しかし、自腹を切るという意味にも通じるので、シチュエーションによってはタブーになる時も。
こちらの豆知識は、観光バス会社で働いていた時に、よく、ツアー客にしゃべっていた内容です。
新宿駅からスタートして、静岡の三島の鰻を食べるために向かうという内容。

具合悪そうに自転車をこぐあの子と暑い日差し

私は、中学生のころから高校まで熱心に勉強をしていなかった。
友人が向上心を持って学習していても、私は指示された事をなんとなくやるといった感じだったと思う。
それでも、専門学校に入学してから自分の学びたい分野の勉強に変わると、内容がスムーズに入ってくるようになった。
ついに、就職をして、見習い期間を過ぎて本当の業務になると、次は好き嫌い関わらず学習せざるを得なくなった。
しんどいとか考える時間もなく、とにかく学ぶ時期が続いた。
頭を使う生活をしばらくすると、急に学校時代にしなかった勉強を見直したいと思うようになった。
今では、同じことを考えている人が友人にたくさんいる。

雲が多い仏滅の午後はビールを
全国には、数えきれないくらいの祭事が行われているようだ。
実際に確認したことはないのに、じゅうぶん知っているお祭りは、秩父夜祭りである。
圧倒されるような彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を見た際に、ビデオや実物大の屋台と笠鉾を観賞させてもらった。
冬に行われるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
リアルタイムで見てみたいお祭りの一個なのである。
逆に、夏に開催されているのは、福岡県のほうじょうやが有名で、生きている者の生命を奪う事を禁止するお祭り。
大昔は、この祭事の行われている間は、漁業も禁止されたという。
代々続く祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同じくらい大好きかもしれない。

涼しい金曜の深夜は目を閉じて

えっと思うくらい仕立てるために必要な布は安い物がない。
自分の子供が幼稚園に入るので、入れ物が必要ですが、なんだかただの布が安い物がなかった。
目立って、キャラクターものの裁縫するための布なんて、ものすごく価格が高かった。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの生地がめっちゃ高い。
園から指定されたサイズの入れ物をお店で購入するのが手っ取り早いし、面倒が無いだけど、しかし、農村なので、聞いてみたら、みんな、お手製だし、隣近所に販売していない。

雨が降る日曜の朝はこっそりと
あまりない事だけれど、心が折れそうな心持に浸ってしまい、少しも楽しくなかった。
特定の原因はなく、思い立ったように悲しくなったり、今までの事が無意味に感じられたりした。
そんな心持だったけれど、とある仕事がきた。
コンテンツは毎年恒例の野外のイベントで結構立派な案件だった。
情緒不安定を理由にしてはいけないと思い切り替えて必死になっているうちにカラリと明るい気持ちに戻ってきた。
そういえば、苦しかったときは、外出してお日様の光を浴びるという事をしなかった。
明るい時間帯に外に出るのも必要かもしれないと思う。

道

Copyright (C) 2015 冷たくなった天ぷらを月夜にかざす All Rights Reserved.