面接 転職

面接・転職というのは、分かっているように見えて、案外わからない事も多いのです。意外と知らなかった面接・転職の知識を紹介します。

転職時の面接で大事なマナー

面接 転職

面接を受ける時は、マナーに沿った行動をしましょう。
どんなに優秀な人材だとしても、一緒に働くには難がある性格だったら、まず採用はされません。
採用面接の場では、質疑応答自体も重要なことかもしれませんが、どんな人物に見えるかも、着眼点の一つになります。
応募者が、一通りのマナーを知っている人かは、面接の場では、担当者もチェックしていると考えてもいいのではないでしょうか。
あいさつがしっかりできているかは、面接をする時に、担当者が見ようとしている部分です。
面接を受けに行く時には、会社の人とは初対面になることが大きいですから、最初のあいさつは肝心なことです。
企業に面接を受けに行ってからおろおろしないように、志望動機や、自己アピールと共に、あいさつのやり方も考えておいてください。
どんなことに気をつけてあいさつをすることが、上手に行うコツなのでしょうか。
面接を受ける時は、始まりと、終わりに、お礼の言葉を言うようにします。
そんな時でも、ここで働きたいという意思表示を折り込んでいきます。
はっきりと聞き取れないような挨拶しかできない人や、定型文のような言葉しか言えないような人は、面接では苦戦するものです。
自分のできることを活かして、この企業で仕事をしたがっていると見えない人は、面接も通りにくいでしょう。
だらしのない服装はしないこと、乱暴な言葉遣いや態度はとらないこと、時間を守って行動することは、社会人としては基礎的なことといえます。

転職活動のための面接対策

面接 転職

面接に際し、あらかじめ準備をしておくことが、転職活動を達成するためのポイントです。
面接は企業が人材を採用する上で一番重要視しているものであり、転職活動の中でも慎重に準備をしておかなければなりません。
現在に至るまで、どんな仕事をしてきたかは、職務経歴所や履歴書にまとめておきます。
面接では、応募した人の人柄やマナーといった文字では見えない部分を確認するために行われます。
担当者と対面で話をすることで、自己PRにつなげることができる場所でもありますので、対策はきちんと練っておきましょう。
面接官に、好感を抱いてもらうことが、面接を突破し、次に進むためには必要です。
時間を守る、身だしなみを整える、言葉遣いをきちんとするは大事なことです。
会社のイメージに合った服装と、時間をキッチリ守るという事は社会人として当たり前のことなので、できていないと大きなマイナスになります。
自分の能力をこの企業で活かしたいという意思をはっきりと見せることが、面接を攻略するためには必要です。
相手に良く見てもらいたい、ライバルに勝ちたいと思うのは当然ですが、自分がここで働くんだという気持ちが大切です。
面接を突破するためのノウハウ本では、自己アピールのやり方が書かれていたりしますが、定型文では相手に気持ちを見せることは難しいものです。
実際の面接を受ける前に、身近な人の前で面接で言うべきことを話してみて、わかりにくいところはないか、説得力のある言い回しになっていたかを確認してみましょう。

転職活動では面接時の志望動機が重要なポイント

面接をクリアしなければ、転職を成功させることはできません。
面接で大事なことは、志望の動機についてです。
実際に顔を合わせて、面接という形で言葉を交わさない限りは、働きたいという意思の強さを推し量ることができません。
もちろん、求人を見て応募をした人は皆一様に働く意思を有しているはずですが、それでも、モチベーションがより高い人を探したいと考えます。
面接官の視点から見れば、自分のことについて語ることも興味深いですが、志望動機についても関心を持つものです。
もっとも、本当のことを言うと、前の会社の人間関係に疲れたとか、働き口が見つかれば何でもよかったという人も少なくありません。
ただあまりにも正直にそのまま伝えてしまうと転職に失敗してしまう可能性は高くなるので注意が必要です。
志望動機を面接の場で話す場合は、よいところを中心に据えて、悪いところは話さないように心がけることです。
勤めていた企業のことをネガティブに表現するのではなく、自分の希望についてポジティブに話すようにすることが、好印象のコツといえます。
自己アピールをうまく盛り込むためには、どうしてこの会社で働きたいかを、具体例を挙げて話すことです。
採用担当者に自分のことをわかってもらうためには、働きたい、頑張りたいという通り一辺倒な言葉を使うのではなく、何を、どんな風に頑張りたいのかを話す必要があります。
給料や、勤務地などを志望動機として話すと、はっきりとしたいい方をすると印象が逆に悪くなる恐れがありますので、言い方を考える必要があります。
良い印象を与えためには、本音を入れながら上手くアピールできるような志望動機にすることが重要になります。

就職面接の基本マナー

面接にはマナーがあります。
マナーを意識して面接を受けることで、就職活動がうまくいくようになります。
面接に行く時には、何はさておきマナーが重要です。
発言がすばらしいものであっても、学業が優秀だったとしても、マナーができていなければ意味がありません。
面接に行く場合には10分前に会場に到着するようにしましょう。
万が一トラブルで遅れる場合には電話で連絡することが大切です。
相手企業は、想定外の出来事があった時に、しかるべき対応ができるかどうかも含めて判断をしています。
到着したら受付で用件と名前を伝えましょう。
挨拶は元気よく声を出しましょう。
はきはきとした挨拶は好印象です。
面接会場の入り口にドアがあるときに自分で開ける場合にはノックして失礼しますと声をかけます。
社内を移動中に他の人と会うこともあるでしょうが、そういう時は軽くあいさつをしましょう。
他の人が面接を受けている間、待機しているというような時は携帯の電源はきってじっと待ちます。
待ち時間に携帯電話をずっといじっているようなことはしないほうが無難です。
面接室に入るときには2回ドアをノックして面接官にどうぞと言われたら入ります。
ドアを開けて部屋に入り、名前を名乗ります。
椅子がある場合は、面接官に椅子にかけるよう指示されてからかけましょう。
礼儀正しいことばづかいと落ちついて面接官の目を見て会話するように心がけましょう。
面接が終了したらお礼を言い挨拶をしてから退出します。
面接中の振る舞いがどうかは就職面接のポイントになる重要なものです。
就職面接のマナーは何度も練習してしっかりと身に付けておきましょう。

就職面接の種類と対策

どんな形式で面接をすることなるかは、就職を希望する会社によって違います。
面接で知ることとは、その人がどういった人物かという点です。
履歴書やエントリーシートでは見えないところを見るものといえます。
面接は大きく分けると2つの種類があります。
多人数でまとめて行う方式がグループ面接です。
面接官の指定の順序で発言をしたり、指名されて発言したりします。
第一次面接に多く、2次面接以降に進む人の絞り込みのために行われるようです。
個人面接ではないので比較されることもあり、他の人の発言もしっかりと聞きながら答えがだぶらないようにすることがポイントです。
グループ面接では、一つグループの中で相対的に自分がアドバンテージを取れるようにすることが大事です。
時間は有限ですから、その中でいかに立ちまわるかが大事なことです。
相手に好ましい印象を持ってもらうことが、グループ面接の肝となります。
面接開始前から既に、面接官が見ていることは理解しておきましょう。
最後まで元気よく気を抜かずに頑張りましょう。
もう1つは個人面接です。
1人に対して面接官が1人か複数となります。
グループ面接は面接官が一方的に質問し、順番に答えていくだけですが、個人面接では面接官とのやり取りが成立するということが重要になります。
企業が求める力のレベルと、熱意、仕事への価値観が見られます。
過去の行動を聞くことで企業は就職した後の行動を予測しています。
就職の面接に臨む前には企業研究をしっかりと行い企業が求める力を示す過去のエピソードを整理しておきましょう。


PAGE TOP

面接・転職というのは、分かっているように見えて、案外わからない事も多いのです。意外と知らなかった面接・転職の知識を紹介します。
Copyright (C) 2018 就職・転職を考えている人が事前に準備しておくこと All Rights Reserved.