冷たくなった天ぷらを月夜にかざす

「コロッケ」について本を書くなら、どのようなことを調べる?「食欲」の一般的な解説なんかかな。それとも、自分オリジナルの考え方からの意見だろうか。
マカロン
ナポレオン
HOME

よく晴れた月曜の日没は友人と

非常に甘いお菓子が好きで、ケーキなどを自作します。
普通に自分で頑張って混ぜて、焼いて作成していたのだが、近頃、ホームベーカリーで作成してみた、たいそう簡単でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるように心がけている。
砂糖やバターが少量でもニンジンやかぼちゃの甘さがあるから、笑顔で口にしてくれます。
このごろは、スイーツ男子なんて表現もメディアで言っているから普通だけども、だいぶ昔は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、そういった男性がよくいるよねとも言われたりします。

雲の無い金曜の夜は窓から
そんなに、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、このごろ、それでも、生きていくを見ている。
加害者側の家族と殺された側の家族が出会ってという話の流れで、常識的にいってありえない流れだと思う。
殺された側の両親と兄達と殺人犯側の親兄弟のどちらの家族も悲しみに包まれている内容が出されている。
内容の中身は大変暗いのだけれど、しかし、映像はきれいなようにつくられている。
花や自然の映像が大変多くて、牧歌的できれいな映像がとても多い。
これから、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

暑い火曜の夜明けにシャワーを

「今夜はカレーよ。」
少年は母親が言ったその言葉を聞いた途端、思わず笑みが浮かんだ。
少年は小学校から帰宅して、ソファーに寝転がってテレビを見ているところだった。
今日は西日が強い。
窓辺では風鈴がときどき鳴っていた。
TVのアニメチャンネルでは、昔の懐かしいアニメをやっていた。
今日のアニメは「一休さん」だった。
一休さんみたいに頭のいい男の子がいたら、テストは満点取るんだろうか、と少年は感心していた。
でも、コトコト煮えるお鍋からカレーのいい香りが香って来たとき、少年はテレビのことは考えてはいなかった。

騒がしく歌う先生と飛行機雲
中洲の夜のお姉さんを見ると、すごいなーと思う。
というのは、しっかり手入れしたルックス、トーク術、そのための努力。
客に完璧に勘違いをしてもらわないで、仕事だとちらつかせながら、常連になってもらう。
たまには、もしかしてコイツ、俺に気があるのかな?と気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
それよりも、私はナンバーワンのホステスの給料がとても気になる。

目を閉じて吠える先生とオレ

知佳子はAさんの事が大好き。
Aさんも知佳子の事を可愛がっている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も連れて行ってもらっているし、先日は私も一日目だけ付き添った。
知佳子もAさんも私の事を同じニックネームで呼ぶし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、一番に、私に質問してくれる。
なんだか目をかけてくれているような感じがしてとっても居心地がよかった。

蒸し暑い水曜の深夜は椅子に座る
また、明日香と麻衣子と旅行に行きました。
この2人は、私の短大の同級生で、一緒に学んだ仲です。
しかも、学んだのはトラベル全般と英検だったので、観光地巡りが、大好きな学生たちでいっぱいでした。
とくに、この2人を含む、仲良し6人で色々なところへ旅をした思い出は懐かしい。
私は今までそんなに仲のいい友達が多くないし、しかもそれで良いと思っています。
なので、純粋にうれしかったけれど、横で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのもポイントでした。

雪の降る日曜の夜に熱燗を

嫌われ松子の一生というタイトルのドラマが放送されていましたが、欠かさなかった方も多いと思います。
実際に、TBSは見なかったのですが、女優の中谷美紀主役でシネマが放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不運な境遇にて生きながらも、心まで貧しくなりません。
周りから見ると、かわいそうな人かもしれないけれど夢を捨てません。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
そこに、尊敬を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうといけない事のように感じる。
などという、謎の状態だった子どもだった私は、観賞中、明るくなりました。
とても、明るい映画なので、ぜひ見ていただきたいです。
そして、中谷美紀は、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、理容師でも、やっぱり綺麗でした。

一生懸命口笛を吹く家族と枯れた森
憧れのモスクワに、一度は行こうとと夢を持っている。
英語のクラスに挫折しそうになった時、ロシアの言語を学んでみようかと検討したことがある。
ところが、書店で読んだロシア語の文法のテキストの最初だけで一日で辞めることにした。
動詞の活用形態が限りなく複雑だったのと、私にはできないあの巻き舌だ。
観光客としてズブロッカとビーフストロガノフを目標に向かいたいと思う。

目を閉じて吠える妹と公園の噴水

アンパンマンは、小さな子に気に入られる番組だけれど大変攻撃的に思う。
話の終わりは、アンパンチといってばいきんまんを殴って終わりにすることがすごく多いと感じる。
幼児にもとても悪影響だと思う。
ばいきんまんとその他が、そんなにひどいことをしていないときでも殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんを目撃したら、やめろと怒鳴りながらもうこぶしを突き出している。
話を聞くわけでもなく問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、暴力で解決するからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたってもいっしょだ。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があってそんなふうになっているのだろう。

雨が上がった火曜の昼に歩いてみる
私は肌がそれほど丈夫でなく、気を付けないとトラブルが起きる。
それに、ボディーシャワーの体にこびりつく使い心地が好ましくない。
しかし、寒い季節はもちろん乾燥するので、無添加のローションを使っている。
これらの商品の残念な点は、値段が非常に高いので、なかなか買えないところだ。

道

Copyright (C) 2015 冷たくなった天ぷらを月夜にかざす All Rights Reserved.